おもちゃばこ

旅行とか、映画とか、好きなものを自己満足程度ですがシェアできたらいいなと思っています!

留学中に経験したトラブルたち😂 ~日々の生活編~

◆小銭が全然わからない!

日本のコインって、大きく数字が書いてあってわかりやすいですよね。

なんで海外のって、数字でかかないうえに、小さくquarterとか書いてあるんでしょう。

お会計の時ってあまりもたもたしたくないものだけど、コインが全くわからないので、とりあえずお札で払います。

おかげでお釣りのコインが増えるばかり。重くなる財布と減っていくお札…。

 

私は家ですべてのコインを並べて覚えました。そしたらそのあとはびっくりするくらいすらすら払えるようになり、たまっていたコインがみるみる減っていきました☺

 

◆日本から送ってもらった荷物が届かない!

冬のイギリスが思ったより寒く(というより想像以上に雨が多くて)、母が防寒具や洋服、レインブーツを送ってくれました。

小包を2つ送ったというのですが、2週間経っても届かず。。

放課後にひとり郵便局へ行って相談してみると(まだ10代だった私。こんなこと日本でもしたことないのに英語でよく頑張ったなって、今でも自分をほめています(笑))、なぜか洋服を持ち込むのに税金がかかるだかなんだかで関税で引っかかって止められていると。追加で2万円払えば届けると言われました。

わけがわからなかったけれど、コートが入っているので没収されるわけにもいかず、お金を払って届けてもらいました。

 

紆余曲折を経てようやく手に入れた小包をあけると、あらゆる防寒具や日本の食べ物にに母からの手紙が。日本では実家から出たことのなかった私が、初めて長く親元を離れた異国の地で、段ボール箱に詰め込まれた家族からのありったけの愛情に、涙が出ました。

 

◆カードが止められた!

10代で留学した際、1ヶ月目あたりでカードが止められてしまいました。

原因は確かまだ日本にいる頃のことで、カードの期限が切れそうなので、出国前に延長手続きをした際、親名義のカードなのに自分の名前を書いてしまったとかだったと思います。

カードが止められるまでには時差があるため、1ヶ月ほど経った頃、海外に一人のタイミングで急にストップされてしまったのです。

 

海外では何があるかわからないから、キャッシュをたくさん持っていきなさいとは散々言われています…。

私もしっかりクレジットカード2枚と、余裕をもったキャッシュを持っていたので、問題ないかと思っていたのですが…海外で最強のカードはVISA、MASTERですね。

私はダイナースとマスターを持ってきていたのですがダイナースは全く使えず。

マスターばかり使っていたのですが、そのマスターが止められてライフラインが絶たれてしまいました。

もちろんキャッシュも多めに持ってきてはいたものの、カードを使えない店もかなりありましたし、あくまでカードメインで使用する予定だったため、カードが全く使えなくなっても大丈夫なほどのキャッシュはありませんでした。

 

学生の私を送り出す時に両親が言ってくれたのは「これは貴重な機会だから、せっかくの留学中はお金のことはまったく気にせず、やりたいこと、いきたいところ、全て参加してきなさい」とのありがたいお言葉。

 

その言葉どおり、学校で毎日のように催されるイベントや小旅行には、予定の許す限り参加させてもらっていました。

しかも最も不運だったのは、週末にフランス旅行にまで行くことになっていたところ。こちらは完全に娯楽ですが、飛行機で片道30分でフラッとフランス旅行にいくなんて、これもまたとないことだから楽しんできなさいと、親も認めてくれていました。

しかし運悪く、フランスに行く1週間ほど前にカードが止まってしまったのです。もちろん日本のカード会社や家族に連絡して解決しようとしましたが、すぐにカードを使えるようにするのは無理とのこと。

短期留学だったため、向こうで使えるキャッシュカードも持っていませんでした。

残りの留学生活、何もしなければランチにしかお金を使わないので、なんとかsurviveできたかもしれませんが、さすがにそれではあまりにももったいない。留学の生活は、学校の授業が半分、放課後や週末のイベントが半分で成り立っているというくらいでしたから、何も参加しないで過ごすにはあまりにも時間の無駄遣いだったのです。

もちろん旅行キャンセルももったいない。

 

結局、留学を斡旋してくれた留学社が、たまたま今回の行き先のパリにも支社があるとのことで、日本で親が振り込むお金を、私がフランス支社でユーロで受けとることができる、というふうに手配してくださいました。

本当に本当に救われた…ありがとうございます…

 

Wi-Fi命!街中で携帯が使えない!?

初めて留学した時は、まだガラケー時代でした。日本で使用しているガラケーは海外で全く使用できなくなるため、留学前に海外対応携帯を購入してそれを持参する、という感じでした。

写真は全部デジカメで撮っていましたね。懐かしい…。

連絡先の交換も簡単ではないので、携帯のメールか、facebook(これもまだ留学に際してアカウントを作るくらいの時代でしたが)でした。

 

2度目の留学でイギリスに行った時は、スマホがそこまで主流ではなかったこともあり、現地で携帯を契約している人が多かったです。PHSのようなもので、簡単なメールができます。

しかも簡単に譲渡できるので、私も現地でできた友人が帰国する際に譲ってくれました。本体£10で、使用料£10/月なので1500円程度で一月使用できるすぐれもの。

現地での連絡はこれしか使用していませんでした。

日本で主流のLINEは海外で誰も使っていません。かわりにwhats'appというフリートークアプリなのですが、日本でログインまでしていかないと使用できませんでした。

facebookも使っていましたが、wifiがないと見れないので、学校や家でしか使えません。携帯がなかった時代の、集合時間と場所を正確に決めていた頃を思い出しますね。

 

今は格安simなどもありますし、wifiを借りていけば問題ないですね。

 

◆イギリス留学中、フランス旅行に行ったら、イギリス再入国を拒まれた!

日本への帰国日が近かったためだそうです。イギリスにstudent visaで滞在していたため、フランス旅行から帰国しても再度student visaを発行してもらえるようで、そうするとイギリスに滞在してよい期限がのびるわけです。

「あなたの入国を認めるわけにはいかないわ。最近、帰国が近づくたびに海外渡航をして、ビザの不正延長をもくろむ人が多いの。」

「でも私は来週日本に帰るんです。」

「証明できるものを持ってる?日本行きの航空券は?」

「航空券はうちにあるけど、このフランス旅行へは持ってきていません。」

「日本であなたは何をしているの?」

「学生です。来週帰国して、来月から日本の学校に戻ります。だからvisaの延長は必要ないです」そう言って学生証を見せました。一応学校名が英語でも書かれているので。

「日本語は読めないわ…」

「じゃあどうやって証明したらいい?わたしは学校に戻るから、イギリスに残る必要がないんです。」

結局上の人と相談して通してもらえましたが、さすがに焦りました。フランスへ送り返されてもどうしようもないですもんね。

今の時代ならスマホで簡単にオンラインチケットを出せるから問題ないかもしれませんね。

留学中に経験したトラブルたち😂 ~寮編~

留学中、トラブルやちょっと困ったことはたっくさんありました。

そういえばおかしかったな…と思うような些細なことから、誰かから挑戦でもされてるんじゃないかと思ってしまうようなビッグトラブルまで。(メンタル的に辛かったことは、また別で書きますね。)

 

今となっては、全て笑い話にできる貴重な経験です。

あまりにもたくさんあるので、まずは寮生活にまつわる話から。

 

私は寮生活の経験は2回ですが、

初めてのアメリカでの寮生活が自分の中で根強くイメージがついてしまい、2度目のイギリスの寮で違いに驚くことも多かった気がします。

寮の種類も全然違ったので、一概に「外国」とか「寮」で片づけられない大学ごとの違いもきっとあったのでしょう。

 

◆寮の部屋が用意されていなかった!

大学に交換留学をした時のこと。

寮の申し込みもしたし、支払いも済んで明細までもらっていたというのに、初日に寮に到着してチェックインしようとすると、「リストに名前がありません」と。

これはわりと一大事です。

結局、支払い完了メールを見せて、無事に部屋を用意してもらえましたが、

予定されていた留学生用の寮ではなく、現地の学生用の寮に部屋をあてがわれることに。

ネイティブの英語に触れられたのは良かったですが、短期留学だったので、他の留学生のようにルームメイトたちと観光に行ったりはできなかったのが残念でした。

 

現実世界はドラマではないので、突然の留学生に対して、「週末暇じゃない?案内してあげるよ!」なんてことにはなりません。。。皆さんご予定があるので、共同スペースであっても自己紹介をして軽い会話を楽しむ程度。。。

 

◆寮内のコインランドリーは洗剤がない。

アメリカの寮生活を経験したときには置いてあったので、そのつもりで行ったらイギリスの寮にはおいてありませんでした。

売ってもいないので完全に持ち込まなくてはなりません。先言ってよ!!

(あれ、それが普通??)

 

◆コインランドリーはコインしか使えないのに、敷地内に両替機がない。

それだけでなく、コンビニや自販機はありません。(あと自販機って海外ではほとんど見ないですよね)洗濯したかったら、敷地の外で買い物してお金を崩さないと。

(ていうか、アメリカの寮では寮生は洗濯機・乾燥機とも無料だったぞ??)

 

◆寮のトイレにトイレットペーパーも持ち込まなくてはならなかった。

アメリカではね、ついてました。新しいものも補充されるし…。

おかげでイギリス到着後はトイレットペーパーを買いに行くところから始まった。

 

◆共有のキッチン使い放題!けど食材と食器や調理具は自前で…

結局、短期留学なのにフライパンからお皿、カトラリーに塩と油、ドレッシングまでそろえる羽目になったかわいそうなわたくし…。

あとドライヤーも買いました。電力が違ったもので…。はあ。

アメリカではね(n回目)、まず食堂があったし、共有キッチンには全部器具がそろっていたのよ😢ドライヤーは日本のもので対応できたし。

 

こんなにアメリカではアメリカではって言ってるけど、わたしが中学生時代から一筋に忠誠を誓っているのはイギリスなので、お許しくださいね。

嫌いとかじゃないんです、国はむしろ大好きなんですが。

どうも1回目のイメージが強すぎてね…

CRISP SALAD WORKS食べてみた🥗

見てください、このポップな彩り!

f:id:ellensdays:20220605003456j:image

本場のオーダーメイドサラダ屋さんです。

野菜だけと侮ったら大間違い。意外と見た目以上にボリューミーで、おなかに溜まります。

 

写真のサラダは、southwestern cobbというコブサラダに、アボカドをトッピングしたものです。

ベースの葉っぱは、半分ほうれん草に変更しています。(無料)

ドレッシングは、もともとついていたcobbサラダ用(?)のものに、オリーブオイルを追加。

胡椒多めです。

 

 

ドレッシングは2種類まで無料👍

それぞれのドレッシングの量も選べて👍

塩・胡椒の量も選べます👍

迷っちゃうくらい種類もたっくさん👍

ドレッシングを混ぜてもらうかどうかも選べます👍サラダってどうしてもドレッシングが偏ってしまうものですよね、しっかり混ぜてもらえるのはとっても嬉しい😆

アイスティーやレモネードは一度注文すれば飲み放題👍

お店の雰囲気もなぜかどことなく海外風🏝

店舗もかなりありますが、オシャレな街ばかりですね。

 

注文は、普通にカウンターでもできますし、店舗のタッチパネルで注文も可能。

細かいオーダーやトッピングで自分好みのサラダをつくるにはうってつけです😋

さらに魅力的なのが、アプリで注文してデリバリーしてもらうこともできます。

 

ちなみに、クルトンはカリッカリでした!

 

美味しくて体に良いなんて最高🙆‍♀️

食べてみてくださいね!

 

https://crisp.co.jp/

 

Gossip Girl🇺🇸🎓にはまっちゃった

ついにようやくNetflix登録したら…

今更ゴシップガールにハマってしまいました!笑

 

ゴシップガールが全盛期だった頃、名前はもちろん知っていたけど全然興味なくて。

15年を経て、おススメに流れてきたから開いてみたら…ドツボにはまってしまいました😂

 

ああいう学園ドラマ系って、小説でもドラマでもそうですが、何巻もあると、どんどん自分もその世界の住人かのように入り込んでいってしまうから抜けられないですよね😭

終わってしまうと、まるで自分が学校を卒業してしまったかのような寂しさすらあります。

6シーズンもあるこのドラマ、恐ろしいです😍

 

皆さんは誰派ですか?

主人公のセリーナって、ただただ良い子でびっくり。お金持ちホテル暮らしのブロンドの女の子、高校生にして男とお酒と薬に溺れていた元学園女王なんて、嫌な奴に決まっていると思っていたら、びっくりするほど心が綺麗で寛容で、大切な他人のために自分を犠牲にすることを厭わない子。

演じているブレイク・ライブリーの、いかにも人の良さそうな笑顔も可愛くて魅力的です🙆‍♀️

 

セリーナの親友でもう1人の主人公ブレアこそ、典型的な嫌味なお嬢様。

本当の女優さんは、とても素敵な性格で魅力的な女性らしいのですが、この役柄のせいで、旦那さんも、出会った時に近づき難かったとか😅

好演しすぎていて、なんだか好きになれないなあ。。。

 

ブレアが幼稚園時代から高三まで付き合ったネイトは、お金持ちでイケメンで、お姫様ブレアの結婚相手として申し分ない男性。

親同士がビジネスで繋がりを持っていることもあり、家族ぐるみで応援されている許婚のようなものですが、2人はすれ違ってばかりでなかなかうまくいかず…

 

そこで現れるのが、ネイトの親友でプレイボーイのチャック。特定の彼女はいないようですが、複数の女の子を常に抱えています。

親のお金にものを言わせる策略家で、いつもいやらしい目つきでいろんな女の子たちを舐め回すように眺めます。

ついに、ネイトと別れたブレアを我が物にします。傷心のブレアに惚れて一夜限りのはずが心を奪われてしまい、初めて恋をしたチャック。

けれども遊び癖はなかなか抜けないんですかね。

 

対象的なのがセリーナの彼氏ダン。この上流階級の子を揃えた学校には珍しい一般家庭の子であるがゆえ、散々差別されたり嫌な目にもあいますが、セリーナを誠実に愛する優しい良い男性です。

 

だけどどうしてだろう、最初には一番ありえないと思うチャックが、やっぱり魅力的なんですよね。

ずっとネイトと付き合いながらも純潔を守ってきたブレアも、いとも簡単にチャックに落とされてしまいました。

ブレアは馬鹿じゃないし恐ろしくプライドが高い。チャックに遊ばれた女の子たちを数えきれないほど見てきていながら、チャックに言い寄られても呆れたように退けながら、なぜか結局は何度も許してしまうのです。

 

チャックの妖しい魅力から、なかなか目が離せません!

 

ところで、アメリカの上流階級って、本当にこんな感じなのかしら?絶対違う気がするけれど…😂

だって日本の上流階級といえば、お金持ちで教育熱心、しっかりとした職業についた家柄の子女が、幼稚園や小学校から私立(特に中高では男女別学が多いのかな)に通ってお上品にお行儀よく育ち、有名大学を卒業して就職・結婚といったイメージがありますが、、、

GGの学生たちは、親こそ桁外れのお金持ちですが(自家用ジェットやリムジン通学、ホテルのスイート暮らしが普通とか😂)、中高生の分際でクラブに入り浸ってタバコにお酒にドラッグに溺れ、狭い世界で入り乱れた男女関係で揉め…品のかけらもない生活を送っています😂

その上、学生たちの親同士まで恋愛したり浮気したり…どうなっているんでしょうこの世界は!笑

 

みんな有名大学を目指しているところはさすがですが、替え玉受験は平気でやっているし、自分で受ける人も、受験の1週間くらい前からしか勉強してなくない?😂 

…なんていちいちつっこみながら楽しく見ています笑

 

ドラマは作り話や誇張だから面白いとしても、でも、自由の国アメリカならこんな世界も本当にあり得るの世界かなあなんてちょっと期待(?)もあったり。

 

ともかく、レベルの違う富豪たちの学生生活、見ていると楽しいですね★

レンタル傘してみた☔️

急に雨が降ってきて、ビニール傘を買うのもな…って時!

 

レンタル傘をしてみましょう👍

イカサってアプリを使って借りてみました。

70円で24時間借りられて、返す場所は同じでなくてもどこでも大丈夫🙆‍♀️

280円/月で、使い放題プランもあります。

 

すごくよかったです。

だってビニール傘ってどんなに安くても500円はするし、家にどんどん溜まっていくし…。

 

使い方はすごくシンプル。

イカサのアプリだけダウンロードすればOK。その場の傘ステーションでQRコードから読み取ることもできます。


f:id:ellensdays:20220522155833j:image

傘スポットは日本中にこんなに!


f:id:ellensdays:20220522155841j:image

例えば渋谷駅の周りだと、こんなにもたくさんありますね。なので借りやすさはもちろん。返す場所にも困りません。


f:id:ellensdays:20220522155838j:image

借りる時は、画面下の方の「借りる」ボタンを押して、傘スポットでQRコードを読み込みます。

f:id:ellensdays:20220522155836j:image

それだけでOK!ロックが外れて傘が取り出せるようになります!

 

返す時も同様に、「返す」を押してQRコードを読めばロックが開くので傘を入れます。

 

返す場所が同じじゃなくていいのが最高ですね。

お値段が安く、エコにもなります🙆‍♀️

急な雨に降られた時は、ぜひ思い出してくださいね😆

留学に行く人へ✉️辛いことあったって頑張って!

海外留学は何度も経験したけれど、辛いこといろいろあったなあ、、、と海外へ行けない今、しみじみ思い出しています☺️

読んでもらえたら嬉しいな(^^)葛藤とか心に浮かんだこと。一人になって感じること。

これまで留学の良さばかり書いてきましたが、困ったこと、辛いこと、もやもやしたこと、傷ついたこと、苦しんだこと…たくさんありました💦

全部貴重な経験だったと心の底から思いますけどね!日本にいては経験できなかったこと、感じられなかったことばかりですから。

 

今後留学を考えている人には、楽しいことばかりじゃないけど、だからこそ乗り越えることにも、その先にまっている世界にも価値があることを知ってほしいのです😝

 

心を強く持とう!

私自身は、メンタルも芯も、特別強くはありません。

他人の言動に普通に傷ついたり、気にしたりしますし、辛いことからはむしろ、なんやかんやと理由をつけてすぐ逃げてきました…🙈💦

 

だけど、留学中だけはものすごく強くいられた。

自分で望んで目標を持って行ったからなのか、この人生に何度とない機会をなんとか生かさなきゃという使命感があったのかわからないけど。

どんな壁にぶつかっても、どんな困ることがあっても、まるで熱に浮かされたかのように、自分でなんとかしなきゃ、この出来事を貴重な経験値に昇華してやる、って頑張れた。

何があっても、もうダメだ、無理だ帰りたい…とは絶対にならなかったです。それは一つ、自分の良かったことかな。

 

留学中、心が折れることなんて山ほどある。いざとなれば「日本(日常)へ帰る」という選択ができてしまう。だからこそ、まずは最低限「自分がここに来ると決めたんだから最後までやり通す」ことが重要。

大事な心構えとか注意なんてたくさん言われると思うけど、何よりもまずは、

ありきたりだけど、少なくとも留学中だけは「何があっても諦めない強い心を持つ」ことがまずは第一なのかなと思います。

 

そのためにはpositiveであることだと思う。

個人的に私は、ちょっとモヤっとした時は、「まあいいや、忘れよう!」って自分に言い聞かせている。時には無理やり、「私はここがいけなかったんだ。わからせてもらえてありがたいな。直すようにしよう」って思おうとしたり。

それってそんな強い自分でいたくて意識的に努めているだけで、決してnaturalにそういう性質なわけではないんだよな、なーんてふと思ったりもするけど。

だけどね、無理やりだとしても、気にしてたって意味のない嫌なことは、忘れていかなきゃやってられません。

もちろん、本当に落ち込んだ時は、無理に心の奥にしまい込まないでも良いと思うけどね。しっかり向き合って自分自身を変革することで解決することもあるし、ただただ自分ではどうしようもない嫌なことに直面しても、落ち込んで、立ち直って、それもまた貴重な経験だって思おう👍

この海外の地で起きたこと全ては、自分の成長に繋がるのだから。

 

自分はここで何を学びたいのか?

やっぱり、自分で行きたくてプランした留学って、特別な意義があると思います。

決まった期間の中で、与えられた時間をいかに充実させ、何をして、何を学ぶかによって、すごく違いが出てくると思う。

どんな留学でも、海外を知る、見る、という点では価値があるけれど、

最悪、海外に滞在している間って、適当にやり過ごすこともできるんです。最低限学校で教室に座って、ステイ先で部屋にこもってスマホをいじって過ごしても、なんとなく日々は流れて終わってく。

だけど、自分で行くと決めて、今回の留学の明確な目標を持っていくと、それだけで日々のモチベーションと、嫌になりそうな自分を甘やかして逃げてはいけないっていう強い気持ちが生まれて頑張れる気がする💪

 

今回の留学で何を得たいか決めていくのは大切。それは語学とか、専門的な学問に関することだけではなく。

たとえば「外国人の友達をつくって一緒に遊びに行きたい」とか、「自分から人を誘えるようになりたい」とか「トラブルが起きたときに自力で解決できるようになりたい」とか「一人旅に行ってみたい」とか…!!

誰も自分を知らない場所だからこそ、自分のこれまでのキャラとか、他者から持たれているイメージとか、そういう、無意味とわかりつつも気にしないわけにはいかないしがらみから解き放たれて、自分の理想とする自分を演じてみるもよし。普段はできないことに挑戦してみるもよし。です。

留学で学ぶべきは学問だけじゃないよ!それが一番思うことかも。

 

見知らぬ世界での生活は、辛くて当然。

海外は辛いと言っても、そんな致命的なトラブルが起きるわけでもないですが…

やっぱり、見ず知らずの土地に、家族や友人どころか知り合いもいない、場合によっては日本人、アジア人すらいない…そんな環境に一人放り出されて、良くも悪くもsensitiveにならないはずがないと思うのです。

(だからこそその感受性で、普段は感じないような小さいことに気づき、何かを感じ、考えさせられることも留学の意義だと思うのですが。)

特に最初慣れるまではものすごく疲れますし。

ただでさえ時差ボケや慣れない食生活で安定しない体調。それに加えて不自由な言語でしかコミュニケーションが取れない。

出会う人全員初対面。土地勘もない。

買い物はどこにいけばいいのか。営業時間は?店のどこに何が置いてある?

商品の説明も全部英語。支払いは馴染みのない通貨。

ただの買い物すら勝手がよくわからずスムーズにいかない…

 

一つひとつはわざわざ愚痴るほどでもない小さなことばかりでも積み重なるとなかなかストレスが溜まるものです。

ある時爆発して、もう全部嫌だー!日本に帰りたいー!ってなっても全然おかしくない。

ちなみに私は、普段ペットボトルのお茶を飲んでいるので、お茶がないだけでちょっとやりにくかったです。自販機はないし、スーパーで水のボトルをまとめ買いするしかなかったけど😥そんな些細なことも、異国の地ではQOLに関わります。

 

生まれてからずっと生活してきた日本を離れれば、そりゃやりにくいことばかり。「あたりまえ」の世界が消えるのだから、そりゃあ混乱するし、動揺するし、嫌になることだってある。

日本だったらこうなのに…って言いたくなる。

でもね、なんだとしても自分がこれからしばらくの間生きていくのはここなのです。

この地でどうやって生きていくのか。どうやって人間関係を0から構築し、うまくやっていくのか。どうしたらこの限られた貴重な時間を、最大限有効に使えるのか。

そう考えると自然と、どういう自分であるべきか、自分を見つめ直す機会が生まれます。

変えられるとしたら、この地のスタイルじゃなくて、自分の方だから。

 

自分の良いところもちゃんと評価してあげよう。

海外生活、思い通りにいかないことばかり。

慣れない環境のせいばかりじゃなくて、もっと自分がこうできればいいのに、こうしたいのに…って、なかなかなりたい自分になれない。

こうしなきゃいけないってわかっているのに、踏み出せない自分も嫌い…。

この限られた時間で、自分は何か変わらなきゃ、何かを習得しなきゃ…と漠然と焦って。

思ったようにできない自分に失望するし、イライラする。あの人はできているのに…自分もそうなりたいのに…。

自分のダメなところが嫌というほど浮き彫りになって辛い。

 

だからこそ逆に、自分の良いところや成長できたところを自分が認めてあげることも大切です。

appreciateって大事だと思っています。「正しく、正当に評価する」って意味

自分は自分。

あなただけの取り柄があるし、良いところも悪いところもidentity。

ありのままの自分でいい。他の誰かのようにならなくていい。」って、よく言われるけど本当に身に染みて感じた。

 

こんな時だからこそ自信持って。

辛いことたくさん。だから、だからこそ、終わった時には絶対に、間違いなく成長してる。

この困難を乗り越えたことも含め、自分に自信が持てる。

 

海外留学って、ものすごくエネルギーがいる。

別に義務でもなんでもないのに、

何もしなければただ流れていくはずの日常を、自分の意思で捻じ曲げて用意する非日常。お金も時間もかかる。だからこそ無駄にしちゃいけない、成果をあげなくちゃって思うし。

縁もゆかりもない土地で、自分の居場所を0から作り上げ、生活していかなくてはならない。話で聞くよりも実際にはずっと大変なことです。

 

まず、もう海外留学に来ただけで偉い。その根気が偉い。そして、drop outせずにやり過ごしただけでそれは十分に自慢できること。

 

 

具体的なエピソードも書こうと思ったのに、すっかり長くなっちゃった…

また改めてちょっとずつ書きます!

🇯🇵横浜・みなとみらい 徹底解説

横浜・みなとみらいエリアの夜景って、本当にきれいですよね。いつまででも眺めていられそうです。

f:id:ellensdays:20220502094047j:image横浜・みなとみらいと一口にいっても、あの海沿いの区域はとても広く、実は横浜駅の方から、観光地を歩いているうちにみなとみらいへ、桜木町馬車道日本大通りを超えてしまいます。

今回は、横浜の方から元町中華街の方向へ(海に向かって左側から順に)ご紹介していきます。

 

◼️Bay Quarter

f:id:ellensdays:20220502095254j:image

横浜駅の端に位置する(一応直結…かな)モール。

カフェやレストランが中心といっていいでしょう。駅直結ながら横浜港の端(というよりかは川?)に面しており、こうやって夕暮れにみると、海に停泊する大きな船のように見える施設です。ちょっとしてお店やクリニックも入ってはいますが、基本的には食べるところですかね。

晴れた日にテラスでランチなんて本当に至福の喜びです。犬連れの方も多いです。

因みに手前の大きな橋は、みなとみらい大橋と言って、逃げるは恥だが役に立つでも何度か登場しました。

 

■はまみらいウォーク

f:id:ellensdays:20220502094041j:image

横浜駅から一旦外へ出て、大きな白い歩道橋をSOGOの方へ渡ると、左右に大きな渡り廊下のようなものが。左側へ行くとBAY QUARTERへ、右側の渡り廊下がはまみらいウォークといい、この写真の光っている通路。日産のビルへ直結ですが、外に出て、10分ほど歩けばもうみなとみらいです。

 

◼️カハラホテル、ベイコート

f:id:ellensdays:20220502095318j:image

ハワイにある高級ホテル、THE KAHALAがみなとみらいにやってきました!

場所はパシフィコの隣。これまで観光地とされてきた所謂「みなとみらい」の一番端側を開拓した形になっています。

f:id:ellensdays:20220502095251j:image

全体ガラス張りの建物が青空を映して、近未来的な景観となっています。

ベイコートは、高級会員制ホテルのエクシブの上級バージョン。こちらは会員やその家族・知人でないと宿泊できませんが、中でカハラホテルと繋がっています。

ホテル内のショップではホテルブランドのお土産が買えますが、案内値段も高すぎず、寄った際にはハワイ気分で自分にお土産も良いかもしれません。

f:id:ellensdays:20220502094104j:image

中のレストランからは、みなとみらいの方とは反対側の景色が見えます。

景色はこれはこれで綺麗ですが、いわゆる「みなとみらい」の景色を楽しむのが目的なら、正直ここはベストではないかもしれません。

カハラは、みなとみらい地区の中では現在のところ最も新しく開拓されたところ。逆に言えば、景色の良いところは取られてしまったあとです。建物の反対側からの景色は当然みなとみらい側ですが、少し遠くて、あの景色を望むには建物が低層で、隣のパシフィコの屋根が邪魔してしまいます。

休日には観光地として家族連れやデートカップルであふれるみなとみらい地区から、むしろ少し離れて落ち着いて過ごしたい時におすすめのスポットとも言えるかも。

逆に、あまり観覧車などがよく見えないからこそハワイ感が得られてよいのかもしれないですね。

 

臨港パーク
f:id:ellensdays:20220502095302j:image

カハラホテルの方から、ずっと海岸沿いを歩けます。犬のお散歩もたくさんいますし、マラソンコースとして、港の見える丘公園の方まで海沿いを走れます。

天気がよければ本当にリゾートのようで気持ちよい。
f:id:ellensdays:20220502095312j:image

 

◼️パシフィコ横浜

シドニーのオペラハウスを思わせるような、大きな白い屋根の連なった、低層でとにかく横に広い大規模イベント会場です。

握手会から展示会、学会まであらゆる使われ方をしています。

 

◼️横浜インターコンチネンタルホテル

f:id:ellensdays:20220502094101j:image

横浜・みなとみらいといえば、観覧車に次いで、海に停泊するヨットを模したような、海辺の大きな建物ではないでしょうか。それがこちら。

見た目の通り横浜港に面していますので、宿泊はもちろん、低層階から高層階までいろいろなレストランでオーシャンビューが楽しめます。

低層階でのラウンジのアフタヌーンティーのほか、上階の中華も有名です。(ちなみに、お手洗いがとてもかわいいので行かれた際には是非。笑)

 

◼️横浜コスモワールド(テーマパーク)

f:id:ellensdays:20210925002104j:image

みなとみらいといえばあの大観覧車。コスモワールドという遊園地にあるものです。

遊園地としての規模は小さめですが、ジェットコースターやら、お化け屋敷などの屋内施設やら、案外種類は豊富です。

入場料制ではなく、一つひとつチケット制なので、逆にみなとみらいに来たついでにアトラクションをちらっと楽しんで帰るような遊び方もできます。

 

◼️万葉倶楽部(温泉・宿泊施設)

f:id:ellensdays:20220502094049j:image

一日遊んで疲れた体を癒すのに最適な温泉施設。

湯河原の源泉をトラックで運んでいるとのことで本格的な半面、アミューズメント施設の側面もあり、館内は浴衣で、世界のいろいろなマッサージやエステも楽しめ、岩盤浴やゲームセンター、リクライニングスペースなど完備されていて長時間楽しめます。

温泉内はなかなか広く、塩サウナやハーブサウナのほか、アカスリまであります。

露天風呂は広くて種類が多く、何よりこちらも海に面しているので、昼でも夜でもみなとみらいの景色を臨みながら温泉に浸かるのは最高に気持ち良いです。

部屋をとって宿泊することもできますし、テレビのついたリクライニングチェアで夜を明かすこともできます(深夜料金追加あり)

 

上の写真は、8階の屋上にある足湯。浴衣で足湯しながら夜景が楽しめます。

↓こちらが足湯からの眺め。この界隈での夜景の中でも最高レベルではないでしょうか。

f:id:ellensdays:20220502095259j:image


◼️ワールドポーターズ(アミューズメント施設)

1階のハワイアンタウンは、通り抜けるだけでも可愛く楽しくハワイ気分。

開放的な1階にあるので、時間潰しにも気軽にふらっと立ち寄れるます🌴

フラダンスショーをやっていたり、ハワイの街並みのようなフードコートがあったり、ハワイアンジュエリーやアロハシャツなどハワイらしいお土産屋さんのほか、マカデミアナッツやドライマンゴー、マラサダで有名なレナーズなどハワイならではの定番のお土産も買えます。

 

上階にはファミリー向けのような安心で広く大きなゲームセンターや映画館、子どもが喜ぶ大きなおもちゃやさん。

家具やさんもあります。

こちらもテーマパーク内のような、かわいらしい街並みを再現したフロアもあります。

新しくできたゴンドラも、ワールドポーターズの入り口に乗り場があります。

 

◼️汽車道・都市型ロープウェイ

ワールドポーターズ桜木町の駅前を結ぶ橋:汽車道汽車道からの夜景が一番きれいなんではないかと個人的には思っています。

この記事のトップの写真は汽車道から撮影したもの。

 

さらに、汽車道の上を通る、初の都市型ロープウェイが2020年に誕生しました。

乗ってみたいと思いつつ、機会に恵まれないので、乗った日にはぜひとも更新したいと思っています!絶対に夜景が綺麗だろうなあ。


◼️カップヌードルミュージアム

自作のカップヌードルを作って、あの特徴的な赤い風船のような肩掛けに入れて持ち帰れます。

 

🔳コレットマーレ

こちらは桜木町駅から直結のショッピング施設。映画館や、洋服屋さんなどが入っています。ホテルニューオータニにも直結。

つい最近までは横浜駅に映画館がなかったので、横浜界隈で映画といえば、こちらに来ることが多かったと思います。

 

そのまま長い渡り廊下で、ランドマークタワーまでつながっています。ランドマークタワーは、みなとみらい駅直結のQueen’s Squareとくっついています。

いろんな建物がつながっていて混乱しそうですが、つまりは桜木町駅からみなとみらい駅までは、雨にぬれずに直接行けるということです。

 

◼️ランドマークタワー

f:id:ellensdays:20220502094055j:image

上層階の方には四隅に縦の光の線が入っている摩天楼。みなとみらいのシンボルの一つである高層ビルです。

1階は成城石井も入っていて、食料品売り場やレストランがメイン。

2-5階あたりの低層階はブティックが入っています。

上層階はレストランになっており、ホテルもあります。

上階からの眺めはご想像どおりの絶景夜景。

 

◼️Queen's Square

f:id:ellensdays:20220502094058j:image

みなとみらい駅直結の商業施設。

中央に地下鉄の駅からつながる大きなエスカレーターがあって、それを取り囲むように店が並んでいます。

そのまま隣のランドマークタワー、ロイヤルパークホテルにも繋がっています。

 

◼️HUMMER HEAD(レストラン・商業施設)

こちらも2020年10月に新しく誕生。最近では1階がワクチン接種会場として使用されています。

1階は入って左がカフェたち、右がラーメン店などのフードコートになっています。

2階はレストランとカフェ。ちょっとした小物屋さんや横浜のお土産屋さんも。

2階を突っ切るとテラスに出れるのですが、これがかなり広くてとても良い。

まるで劇場のように海に向かって階段席のようになっているので座るところもたくさんあります。1階で買ったタピオカを飲みながら海風に当たりながら座ってお話していたくなりますよ。

夏は暑いので要注意です。

 

4階ほどの低層ですが、お店は2階まででその上はホテルだとか。船のターミナルにもなっています。


◼️MARINE&WALK

f:id:ellensdays:20220502094033j:image

ハンマーヘッドと赤レンガ倉庫の間に位置する建物たち。

こちらも赤レンガづくりで、海辺に散歩道を作る形で、一歩内陸に入ったところにあります。

赤レンガの建物は横2列に並んでおり、その間の空間がなんとなく海外感を醸し出しています。2階建てで、1階に洋服屋さんたち、2階にはレストランたち。レストランからはもちろんオーシャンビュー。f:id:ellensdays:20220502094052j:image

この写真は2階のスヌーピーカフェからの眺めです。左に見えるのがハンマーヘッド

あまり規模は大きくはありませんが、犬の散歩もできて、カフェのテラス席もたくさんあります。


◼️赤レンガ倉庫

f:id:ellensdays:20220502094030j:image

一番近いのは桜木町駅でしょうか。

1号館と2号館とあります。3階建てかな?

上階には広いレストランがあったりしますが、基本的には1階のみ使われているイメージ。食べ物、お土産やさんですかね。

こうやって書くと、どこも同じような感じですね。

食べるところ、いくらでもあります。

ちなみに、世界一おいしい朝ごはんと言われているBILLSも入っています。朝のみなとみらいを望みながら食べるおしゃれなブランチは最高ですよ。

f:id:ellensdays:20220502095307j:image

広いスペースがあるので、ビールフェスとか、時々イベント会場になっていますが、クリスマスマーケットが有名です。

 

◼️象の鼻パーク
f:id:ellensdays:20220502095315j:image
赤レンガ倉庫の方から、港を少し内側にぐるっと回ると大桟橋の方につながるのですが、その部分がこちら。

少し内側にへこんでいる部分だからこそ、景色が一望できて最高です。左にはみなとみらいの方の景色、右には氷川丸を一望できます。

 

◼️大さん橋(国際客船ターミナル)

f:id:ellensdays:20220502094117j:image

ここまで来ると、最寄りは日本大通りですね。

大桟橋は船を模しているのかクジラを模しているのか。

 

飛鳥などの、世界をめぐる有名大型客船の停泊するターミナルです。

時々泊っているのが見えます。

国内をめぐる数日間の船旅も出航していますし、観光用の、ディナークルーズとか、短いものだと40分程度のクルーズも日々出航しています。

 

外はデッキのような造りで、横浜の景色が一望できます。風が強くて気持ちよいです。

f:id:ellensdays:20220502094039j:image

大桟橋からの夜景も最高です。

ほかのスポットと違い、船のターミナルなので、陸から港へ大きく突き出しています。

 

◼️氷川丸

f:id:ellensdays:20220502094106j:image

現在は使用されていない、郵便船。

今は完全に港に停泊したままで、中を見学用に作り替えられており、有料で見学ができます。

 

山下公園

有名な童謡「赤い靴はいてた女の子」が異人さんに連れられて行った港として、その像が立っています。

 

■元町中華

言わずと知れた、大人気中華街ですね。食べ歩きにも、占いにも、ぶらぶらデートにも。夜になると提灯が赤く灯り、妖しい魅力を放ちます。

似たような、食べ放題の店がたくさんある中、百名店もまぎれています。

ぜひ、お気に入りのお店を見つけてください。